『696magazine』 interview